教育勅語とは

あんまり触れられないので少し違った目線で。

たまに、まるで教育勅語が悪いかのような報道があったので、その切り口で。

教育勅語は戦前、帝国の元でしかれた、簡単に言うと天皇(もちろん当時の国家元首)が示した教育の基本みたいなものである。

「勅語」とは「勅令」(憲法に則った法律、今風だと大統領令みたいなものの天皇版?)とは違い、法律としてではなく、(明治)天皇陛下が思うところという形で国民に語った所感である。

さて、教育勅語をざっくり今風に訳すと

 私が思うに、我々天皇家のご先祖様がこの国を興したのは遙か昔のことで、その間、築かれてきた徳はとても深く厚い物であります。

臣民(国民)は忠義と孝行を尽くし、億兆の人が心を一つにして代々その美徳を行ってきたことは我が国家の良いところであって、教育の神髄もまたここにあります。

臣民である貴方は父母に孝行し、兄弟仲良く、夫婦間では睦まじく、友人同士であればお互い信頼し、自分に対しては慎みを持ち、博愛を全ての人に向け、

勉学を極め、仕事を習い、それによって知能を高め、徳の器を作り、すすんで公益に尽くし、世の務めを果たし、常に憲法を重んじ、国法に従い、いざ緊急事態が起これば勇気と正義を持って永遠に続く天皇の世のために尽くしなさい。

これらを行うことは単にあなたが良き臣民であるということを示すだけではく、貴方の先祖の残した(良い)風土を褒め称えることにもなるのです。

この道は天皇の先祖からの教訓で我々天皇家と臣民がともに守っていかなければならぬ物で、これは今も昔も間違いなく、国の内外においても歪まない物なのです。

私、(明治)天皇はあなたたち臣民とともにこれを肝に銘じて、その徳を全員で守り抜くことをお願いいたします。

 」

ざっくりこんな感じ。意訳なのでブレは許してください。

これは、当時の国際的な風潮の「思想・宗教の自由」を侵さないように考えられたと伝わっており、確かに現代には少しそぐわない箇所があるが、そんなにおかしい物ではない。

元首を国民(臣民)と切り離してることを除けば、現代の倫理観で考えても理想的で何も間違っていない。

さすがに当時みたいに神聖化するのはどうかと思うが、これを基本的な教育理念にすること自体はむしろ良いことだと私は考えている。

で、だ。

森友学園さん。

・特定の政党支持を教育に持ち込むなという教育基本「法」を破り

・「正義」に尽くさず、己の利益のために嘘の金額を役所に出し

・「公益」を損ねようとした

ことは臣民(国民)として恥ずかしくないのですか?

私は愛国者であるし、おそらく右寄りの思想を持っているが、教育勅語にあるように、愛国とはそこに住まう国民と先祖が紡いできた良き部分を守ることにこそ目的がある。

かつての大東亜戦争もそうだが、愛国を語れば許されるなど言語道断!

愛国とは、より良い世の中(あるいは自分)にしようという手段であり、目的であってはならない!

と、いうわけで私もまったく出来ているとは言えないですから人のこと言う前に、義を重んじ徳を積まないといけないですね。

籠池氏、疑問一切明確にせず

広告を非表示にする