読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武術の動き

武術では消える動き・体のパーツをバラバラに動かすというのが強調されます。

ダンスとか能、パントマイムでも同じですが。

呼び動作があると速く動いても、その動作が始まる前にわかっちゃうので反応できてしまいます。

いや、もちろん速ければそれだけで驚異なんだけど、上のレベルになればそれも命とりなんでしょう。

体のパーツをバラバラに動かすと、最短最速で動けると言います。

おそらくなんですが、普通は体の中心からパーツが連動して順番に動いて加速していくんではないかと。

武術で刀を抜いて切っ先を突きつけたり振りかぶったりを、連動させて順番に動くのではなく、パーツをバラバラに同時に動かすんでしょう。

そうすると、ようはトランスフォームするように、その場でいつの間にか構えたり、突きつけたりの形が完了しているんじゃないですかね。

各パーツのスピードが速くなくてもか、同時に作業するから結果速い、みたいな。

処理速度は遅くても、機器がたくさんあるような感じでしょうか。

予備動作なく動いて方向転換などするとコマが抜けたように見えます。

ものすごく違和感があって、反応しづらいんですね。

どうやら人間の目と脳はほんの少し先を予測して像を作っているらしいです。

なのでブレなく方向転換されたり予備動作なく動かれると、予測されていたものと違うのでコマが抜けたように見えるみたい。

で、これを何度も稽古で学んでいると、その動きを脳が覚えるので、ちゃんと予測出来るようになって見えてくるそうです。

しかし実戦だと一回限りなので問題ないんですね(外部に漏らさない秘伝だし)。

僕もコマが抜けたように見えるうまいダンスを何度も見ていたら、以前ほど違和感がなくなっているような気がしていました。

これも同じで、脳が記憶してちゃんと見えるようになっていたのかもしれません。

広告を非表示にする