SHOCK

今年も帝劇に来られました。

光一君のSHOCK。

入院でキンキのドームに行けなかった私に、神様からのプレゼントなのか、2階席最前列。

17年目の舞台。セリフも歌も歌えるくらいにリピートしている舞台ですが、その時の自分の置かれた環境で全然違った感情になるのが、また面白い。

今年はオープニングから涙が滲む事態に。弱ってます(笑)。

ジュニアが今年はいいと聞いていましたが、確かにいい。

浜中君が別格なのが、よくわかりました。舞台経験豊富だし、彼のために役を立たせた、というのもわかる。でも、2番手でもなく3番手でもなく、セリフはそんなに多くはないわけで。

なんだろうな、彼みたいな人をライバル役にしてもいいのに、と思ってしまいました。

毎年言ってるけど、屋良君と内君はもういいんじゃないかなあ。

そりゃジュニアをたくさん入れるに当たって、ベテランは必要。屋良君なんて、演出の手伝いまでしてるし、要なのもわかる。でも、そろそろ違うライバル役が見たいかなあ。

ライバルというからには、歳の差がありすぎても困るのが、微妙なところで、それが今後のSHOCKの限界なのかもしれない・・。

光一君は年々おじさんになっていきますが、ジュニアの誰よりも踊りは美しいし、立ち姿も美しい。

そして、フライングも美しい。

このためにいかに筋力トレーニングをし、節制し、身体を作っているのか。

それを考えるとひたすら尊敬です。

今の私にはまぶしすぎる・・。

でも、殺陣の途中で水分補給をステージ上でしているのは、今までなかった気がするんだけどな。

あれだけの殺陣をやるわけだから、脱水になること間違いなしというわけですが、シーンの一部のように水分補給してるのは、初めての気が。

ファンも演者も年取った、ということかな(笑)。

ファン層も相変わらずの高さ。ジュニアファン入れてるのかな?と心配になる程に。

トイレ行列していて「あと15分で二幕なので早めのご協力を」という係員の呼びかけを初めて聞きました(笑)。

スムーズにトイレ行列が流れるように中で係員が誘導してくれるのですが、1人あたりの時間をスピードアップの要請。

てすよね。おばちゃんになると、トイレから出てくるのに時間かかるのよ(笑)。

若者のコンサートのトイレ行列の進み具合とベテラン勢のコンサートのトイレ行列の進み具合、全然違いますからね。読み間違えるとえらいことになるのは、ファンならみんな経験済みのはず!

年取りました、ファンも!!そりゃ17年も通ってりゃそうなりますよ!!

帝劇のSHOCKはもうすぐ千秋楽。

秋には大阪、福岡で上演されます。

今年は福岡に行きたい!!!と強く願っています。

そのころは私の心持ちも色々変わってるかな。また全然違った思いで観ることになるんだろうなあ・・。

広告を非表示にする