マーチンにあこがれて その2

まずギター屋さんで、D18 OOO18 D28 OOO28 D35の5つを弾かせてもらいました

ボディーの大きさにおいては、OOOよりDサイズのほうが低音の響きや、

全体的なボリューム感が良くて、Dサイズに絞りました。

Dを3つ弾いた感想

D18:音の消え方(あまり響きすぎない)がよくてストロークも気持ちいい

D28:低音の迫力と音ののびが凄い。また迫力がある

D35:D28と同質の音ではあるが、音の伸びも迫力も少し抑えられている。

という感じでした。

この中でD18の一番印象がよかったのでD18を中心に探すことにしました。

家に帰ってネットでD18の情報をかき集めると、D18にも色々種類があることがわりました。

D18 Authentic 税抜本体価格\880,000

D18 GE 税抜本体価格\590,000

D18 E 税抜本体価格\450,000

D18 V 税抜本体価格\420,000

D18 スタンダード 税抜本体価格\390,000

この他にもカスタムモデルやビンテージ(1980年以前)のものも有り

訳がわからなくなってしまいました。

まず冷静になって、予算を出しました。

ASTURIASを売りに出して+17万くらいが限界かな・・・・・(10万くらいかな)

というとまず『新品はあきらめなさい』ということみたいです。

ネットで中古市場を見てみると

D18Authenticは40万超えてるし無理

D18GEは30万前後と下取り次第でいけそう。

D18E アンプは使わないのでなし。

D18のビンテージは30万前後

D18VとD18は17万〜25万くらいと射程圏入ります。

よってD18GE D18V D18 の中古の物色を開始することにしました。

つづく