読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エベーヌ弦楽四重奏団「フィクション」

寝室から開花じゃなくて階下の桜並木を観ながら朝の音楽の時間。

まだ五分咲きや二分咲きだけれど。

エベーヌ弦楽四重奏団の「フィクション」

フィクション、つまり虚構、映画名曲アルバムだけど、映画の虚構に実は真実を垣間みることもある。

コーリング ユー」が流れてる。もう一度「バグダッド カフェ」を観てみたくなる。

もしくはいつか夜明けに聴いたジョージ マイケルのあのヴォイスを。