読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああそうですか。もういいです、民進党

http://www.sankei.com/politics/news/170413/plt1704130001-n1.html

2017.4.13 01:00

【阿比留瑠比の極言御免】

北の脅威に目を背け、長島昭久氏にも見放された蓮舫民進党が向かう先は…

 民進党が「反党行為」を理由に除籍処分する方針の長島昭久元防衛副大臣が、鳩山由紀夫内閣の防衛政務官を務めていた平成21年12月のことである。ある会合で、長島氏がこうぼやいていたのが記憶に鮮明だ。

 「民主党政権になって政府に入れてもらったと思っていたら、社民党政権だった。米国との関係は完全に冷え切るだろう。盧武鉉政権時代の韓国のように」

 当時、米国は米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)移設問題の年内決着を強く求めていた。だが、鳩山首相が連立を組む社民党の意向を優先させ、結論の先延ばしを決めた。そんな頃の話である。

 自覚していたのならば、もっと早く離党すればよかったのではないかという気もするが、ともあれ、党内保守派の代表格だった長島氏に見放された民進党は、どこへ向かうのか−。

 「党内ガバナンスという魔法の言葉によって、一致結束して『アベ政治を許さない!』と叫ぶことを求められ…」

 長島氏は10日の離党表明記者会見でこう振り返っていた。政治思想・信条を共有できないまま無理にまとまろうとすると、特定の攻撃対象を設定しただけのようないびつな結束になってしまうのだろう。

 12日の衆院厚生労働委員会では、民進党議員が飽きもせずに「森友学園問題」を取り上げていた。この日の同委は、質問内容を介護保険法改正案に限定することを条件に安倍晋三首相が出席し、野党のみの質疑に応じていたにもかかわらず、である。国民生活に直結する介護保険問題よりも、森友問題が喫緊の課題であるかのようである。

 折しも北朝鮮大陸間弾道ミサイルICBM)発射実験に踏み切る考えを示唆しており、米国はICBMが実用化されるのであれば北朝鮮への先制攻撃を辞さない姿勢を見せている。

 「40年間自衛官をやっているが、現在が一番緊張している」

 自衛隊最高幹部がこう話す時期ですら、民進党は政府・与党の醜聞追及とあら探しに明け暮れてきた。党としてまとまって動けるのは、森友問題しかないのかもしれない。国民も、そんな民進党の実態を見透かしているのだろう。

 NHKが10日発表した月例世論調査の結果では、民進党政党支持率は6・7%(自民党は38・1%)と地をはっている。1月の同調査では8・7%だったから、衰退傾向は明白である。民進党の国会戦術は奏功するどころか、裏目に出ているのは明らかだ。

 長島氏はやはり10日の記者会見で、次のように党の深刻な現状を指摘した。

 「秘密保護法制も、安保法制も、憲法改正論議も、共謀罪もすべて反対、徹底抗戦、廃案路線で突き進む。行き詰まると、院外のデモ隊の中に飛び込んで、アジる、あおる、叫ぶ。そこには熟議も建設的な提案もない。与野党の妥協も政策調整の余地もない」

 こうした民進党のやり方が、国民多数の共感を呼ぶことはまずありえず、かえって政党としての程度の低さを露呈するばかりだろう。民進党はもはや、「分かっちゃいるけどやめられない」という中毒状態に陥っているのだろうか。

 ともすると左側に引きずられ、傾きがちな民進党にあって、長島氏の存在はバランスを保つ上でも「保守派もいる」とのイメージを維持する上でも貴重だったともいえる。長島氏なき今後、民進党はさらに先鋭化し、社民党化が加速するのではないか。(論説委員兼政治部編集委員

引用終わり

 社民党化というのは『滅びる』ということでしょうね。現状をみると以前述べたように民進党は滅びの歌が聞こえています。自民党と二大政党といっていた民主党は、確かに一時政権をとりましたが、『何もできない』政党ではなく『日本の発展を妨害する』政党であることがよく分かりました。残念です。おまけに共産党との共闘をするなど何処へ行くのでしょうね。

 民主党以外に自民党に対抗する政党が出てこないのでしょうか?もう、組合が推す党は駄目なのは十分分かりました。なにか違う革袋が必要なのではないでしょうか。しかし、なにか政党結党の動きがあると、霞ヶ関がつぶしにかかりますし、それに在来の政党が同様の動きをみせますね。

 まあ、このまま退場ねがいましょうか。

 そもそも国会は議論の場であり、誹謗中傷の場ではありません。しかし、政策がないのか民進党はすべからく反対。そして、ブーメラン。もう十分です。

 今すぐ退場してもらいたいものです。