読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代のいけにえのあり方で!

ハレルヤ!

皆さまおはようございます(^-^)

今日は朝出勤です。

今日も御言葉から分かち合いさせていただきます。

■ディボーション・詩篇50篇1節〜15節

■御言葉・7節・14節〜15節

●いけにえのことで、あなたを責めるのではない。

あなたの全焼のいけにえは、いつも、わたしの前にある。(8節)

●感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。(14節)

●苦難の日にわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。あなたはわたしをあがめよう。(15節)

■礼拝の本質

「全能の神である主」が、(1節)

シオンの山に神の栄光を輝かせ、(2節)

すべてを焼き付くす火をまとい、雷と共に姿を現し、(3節)

「ご自分の民をさばく」ために(4節)、

「完全なる義を持って公正な裁判官」として、(6節)

天と地、全国津々浦々に至るまで、「神に忠誠を誓った印として、全焼のいけにえを神にささげた聖徒を呼び集めて」います。(5節)

■新訳聖書の光

このような場面を新訳聖書の光に当てますと、「聖日礼拝」がまさにそうだなと思わされます。

また、「祭壇にいけにえをささげた人々」を、新訳聖書の光に当てますと、

「十字架上が神の祭壇」ですね。

イエス様が自らのからだを、「私たちの罪のためのあがないのいけにえ」として父なる神に捧げてくださり、また、同時に忠誠を誓う印としての「全焼のいけにえ」としても捧げてくださいました。

このイエス様を自分の罪のためだと受け入れた人々は聖徒とされます。

■聖徒としての見えるしるし

その「見えるしるし」としてあるのが、「洗礼」であり、意味は「一体となる」ということですね。

同様に、

イエス様が最後の晩餐でぶどう酒とパンに祝福の祈りを捧げて弟子たちに与えましたが、

●ぶどう酒は十字架で流された血、パンはイエス様が引き裂かれた肉体。

これら覚えて聖餐式で食して一体のしるしとなりますね。

聖霊というのしるし

「見えない一体のしるし」としてあるのが、そんなイエスを「心で信じて義とされ、口で主ですと告白」(ローマ10章10節)した時に与えられる「聖霊」ですね。

こうして今日の礼拝において、主なる神がイエスの名にあって神の聖徒とされた私たちの名を一人一人呼んでくださり、それに私たちは応答して集まります。

こうして、イエス様が言われた、

ヨハネ4章22節〜23節

●救いはユダヤ人から出るのですから、わたしたちは知って礼拝していますが、あなたがたは知らないで礼拝しています。(22節)

●しかし、真の礼拝者たちが、霊とまことによって、父を礼拝するときが来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。(23節)

が実現しました。

「あなたがた」とは、ユダヤ人のことで、

「真の礼拝者」とは、イエス様を受け入れた、ユダヤ人も異邦人もすべての人々が霊とまことによって父なる神に礼拝を捧げるということですね。

そして、解説にありますように、

礼拝の場面において、義なる神が与えた聖徒らへの契約、即ち、

●福音にある聖徒らへの祝福の計画が必ずなるという確認の場になります。

この御心は新旧変わってませんね。

■御言葉から

で、それを踏まえて御言葉からですが、

●いけにえのことで、あなたを責めるのではない。

あなたの全焼のいけにえは、いつも、わたしの前にある。(8節)

※確かに、聖日礼拝において、イエス様という全焼のいけにえはありますね。

ただ、このいけにえは、

すべての聖徒らは、イエス様と一体とされているわけですから、

新訳聖書の今の時代においては「イエス様のくびきをおって人生を委ねる」ことを意味していて、

父なる神様は「このいけにえのあり方を悔い改める」ように指摘されています。

何を悔い改めるかと言えば、肉の努力によって、神様に対して、律法的になり、「神様、私頑張るから祝福してね」とやる

態度です。

すでに、「祝福は約束されている」のに、「○○しなければならない!」とか、「○○してはだめだ!」とばかりに「神様に対する行い」そのものが、「いけにえをささげる」ことだと勘違いする時がある。

そうではなく、

●感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。(14節)

というわけで、

●いつも喜ぶこと。(第1テサロニケ5章16節)

●絶えず祈ること。(17節)

●すべてのことについて感謝を捧げること。(18節)

これが、イエス様にあって父なる神にささげる霊とまことによるいけにえであり、礼拝ですね(^-^)

その生活の中で、

●苦難の日にわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。あなたはわたしをあがめよう。(15節)

が、約束されているわけですね(^-^)

さて、今日はこの辺で(^-^)

今日も皆さまの上に、主の恵みのシャワーが降り注ぎますように☆