あてにならん

午前中の内にマイカーで近くのスーパーに買い物に行くことになり、

出掛ける直前になって妻が空模様を見て

「布団を干している。雨が降りそうやから入れておこう」

というのを

「雨は大丈夫や。降りゃーせん。マス気象予報官が言うとる」

と偉そうに止めてそのまま二人で出かけた。

出発したところですぐ踏切のところで停滞に巻き込まれた。

さらにフロントガラスに雨粒が落ち出した。

「Uターンして!! 布団が濡れたらあと大変やからー」

そして布団を片付けてその停滞場所を再び通過するのに30分かかった。

その後、車内の私は静かになった。

私の心の言い訳。

結局、小雨が降ったのは10分間くらいでしかもその間ワイパーは3回くらい振っただけや。

(天の声=「それがどうした」)

広告を非表示にする