読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やる気なのでしょうか?

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170428/k10010964661000.html?utm_int=news_contents_news-genre-new_002

トランプ大統領「北朝鮮 外交で解決したいがとても困難」

4月28日 19時34分

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮が核とミサイルの開発を加速させている問題について、「外交で解決したいが、とても困難だ」と述べたうえで、北朝鮮の後ろ盾となっている中国の行動を見守る姿勢を示しました。

トランプ大統領は、まもなく就任から100日となるのを前に27日、ロイター通信のインタビューに応じ、北朝鮮が核とミサイルの開発を加速させている問題について、「われわれは外交で解決したい。しかし、とても困難だ。最終的に北朝鮮と大規模な衝突になる可能性もある」と述べ、厳しい認識を示しました。

そのうえで、「中国の習近平国家主席がアメリカに協力するため全力を挙げていると強く感じている」と述べ、北朝鮮の後ろ盾となっている中国の行動を見守る姿勢を示しました。

さらにトランプ大統領は、「習主席とはとてもよい個人的な関係を築いた。彼は私の友人で、彼の立場が悪くなるようなことは今はしたくない」と述べ、中国が強く反発した、台湾の蔡英文総統との電話会談などは現時点では控える考えを明らかにしました。

一方で、トランプ大統領は、同盟国、韓国に配備するアメリカ軍の最新の迎撃ミサイルシステム「THAAD」について「10億ドルのすばらしいシステムだ。われわれは韓国を防衛したい。しかし、韓国は支払うべきだ」と述べ、対価を求める意向を示しました。

また、トランプ大統領は、ロイター通信のインタビューの中で、韓国との間で結んでいるFTA=自由貿易協定について、「受け入れられない。クリントン国務長官によるひどい協定だ。われわれは、再交渉するか協定を終わらせるつもりだ」と述べ、NAFTA=北米自由貿易協定の見直しを終えたあと、韓国とも再交渉が必要だという考えを明らかにしました。

引用終わり

 どうもトランプ大統領は、過激なことを言っておいてあたりの反応を見て、そこそこのところに納めるという手段を使っているのでしょうか?

 大統領選挙のときも威勢良く発言していました。こんかいの北朝鮮問題も威勢よく言っていました。このまま突き進むのかと思いきや、習近平がアメリカに行ったときに話し込んだようですね。

 それ以降、トランプ大統領の中国に対する発言が変わりました。それは、北朝鮮問題について習近平中国主席と話がついたということですね。恫喝したのでしょうか。北朝鮮が無くなっても良いのか?って。中国にとって緩衝国である北朝鮮は重要な国なのでしょうが、刈り上げ君を制御できないということでした。

 今回、北朝鮮向け原油輸出を止めるという報道がありました。そのあたりも、話し合いの中ででたのでしょうか。

ト「あんた、原油輸出はしていないはずだよね。」

習「実はパイプラインが詰まるから稼働している。」

ト「それだめじゃん。ちゃんと約束は守れよ。」

 なんてのがあったのでしょうか。言葉で言っても自国の利益しか考えないのが中国ですので、さあ、どうなったのかと思うと、北朝鮮でガソリンの値段が上がったとか、ガソリン供給が滞っているとの記事がでました。

 それを推し量って、中国が北朝鮮に通告したのではないかと言われています。

 石炭の輸入は2月で止めたと言ったようですが、2月までで1年分の石炭を輸入しているので経済制裁の意味はないとどこかで聞きました。まあ、いつもどおりの中国です。

 気になるのは、韓国擁護の世論が米国で盛り上がらないことです。もう、米国は韓国にさほどのうまみを感じていないのでしょうか。現在の状況からすると、言っても聞かない韓国ですので、いつかは手を切るのでしょう。

 手始めに、在韓米軍の家族を帰国させ、そのあと少しずつ『演習』と称して在韓米軍を少なくするのでしょうか?

 まあ、どうでもよいことです。それより、太平洋艦隊の空母打撃群をもう1セット北朝鮮近海に派遣し、そのあと日本を母港化するというのはどうでしょう。いつでも、北朝鮮に圧力をかけることができます。いまのところ横須賀にロナルド・レーガンがいますが、もう一隻日本においておくとかなり強い圧力になると思うのですが。

 民進党日本共産党がギャーギャー言うでしょうが、放っておいて日本の守りにするというのはいかがでしょう。

 本土に二隻、ハワイに一隻だから、やはり日本には一隻だけかなあ?