ポイペトカジノ5日目実質最終日 中盤戦

飯を残さず食べ終わり、もう一度バカラに向かう。

あれ、サムは居ないの?まぁええか?ローリングは大人しい子でええか。

俺は大人しい子に近づいてローリングと告げる。10000THBと言うと、

めっちゃ喜んでいる顔をしているがもっと喜べと言いたくなるくらいや。

客も見慣れないものばかり。メンバーは、もう帰ってしまったんかなぁとフト思った。

ゲームは目茶苦茶、運がない。やってもやっても負けてしまう。

10000THBは1ゲームも終わらない内に溶けてしまう。

あかん、此処は一旦退散や。  ポイペトリゾートカジノには現生バカラも2台

あるが、盛り上がってない。皆、賭ける金額も200B位で同じとこに

賭ける、しかし、静かやけど席が開いていない。立ちながら俺も賭けることに

するが、1000THBを賭けると何や?金持ち空気が流れる。それだけ安い

金額が動いている。しかし、カードを捲る奴の遅さときたら半端じゃないほどの

遅さや。3000THBの負け、最後に全財産をぶち込んだがそれも負けてもた。

あかん,螻蛄や。今回始めての金なしになってもうた。此処は金の補充に部屋に帰る。

部屋に戻り、横に寝転んだら、ウトウトと眠りに着いた。

目が覚めると、やべぇ、寝てもうたと思ったが15分しか寝ていなかった。

15000THBを負けてしまい、凹んでいる場合じゃない。此処は取り返さないと。

10000THBを取り出し、次はどこへ行こう。そうや、気分展開に

下界へ繰り出そう。下界とはカジノ外に出ること。<本当のカンボジアに入る>

両替をして置かないといけない。1000THBは下界では高額過ぎる。

もう一度、現生バカラに行き1000THBをディラーに渡し、ハーローイ

ソム ドォー ルイと言う。俺が覚えているカンボジア語や500Bに両替をして。

他のタイ人は解らないが、ディーラーは笑って両替をしてくれる。

500Bをバンカーに賭けると、、、、、やはりpや。運がない。

次は100B札を10枚に両替してもらい、300BをPに賭ける。

するとpの勝ち。 これで、細かい金もOKや。

ボーダーまで歩いて行き、

ゲートを抜けると別世界。ゲートを越えると小さいカジノホテルがあり

中を覗き込むとホンマもんのカンボジア人。タイ人は下界に出ると

不法滞在になるからや。ちょっとだけしてみようと思ったが、カンボジア人の

視線が怖いので退散。変な笑顔を投げてくる。ぽんぽんと言って来る奴の

笑顔や。そうや、俺、今日は負けてるんや。カンボジアで使う金はカジノで

1発勝負で取れる。勝って遊びたいものやと言う事でトロピカーナへUタウン。

トロピカーナに入るとスタッフの目線が怖い。俺のスパイカメラはバレテいないか?

めっちゃ、不安やったは。機械バカラに座って、1回だけして終わろうと思ったが

俺、ギャンブル依存症かも。席に着くとメッチャ落ち着く。

今回はメッチャ詳しくデーターに書いていたが、紙を捨ててもうた。

確か、2000THB位勝ち、遊び代を稼げたと思い退散。

金を払い戻どし、カジノを出ようとした時、今日の負け分を取り返せると

思い、もう一度機械席に着く。 そして結果

一時は、後少しで今日の負け分15000THB近くまで来たが、又螻蛄に

成りそうなとこまで来たが、何とか復活。

ゲームをしていると足が妙に臭ってきた。下界に下りてから歩いて探索するので

草履はキツイと思い、クッサイ靴を履いてきた。しかし、こりゃ臭いは。

ホテルに戻るとサムの奴が飛んできた。何処に行ってたんやと。

それは、俺が聞きたい。今からシャワーを浴びて来ると言ったが、

サムの奴はもう、仕事終わりなのでローリングだけしてと言って来る。

只では終わらん奴やなぁ。仕方がないので少々打ってみよう。

テーブルに着き金額の低い連中ばかりや。よく、こんなんでホテルが成り立つ

と不思議に思えた。それから1,2時間後、俺の横に座り、何か話すおばはんが居る。

俺は愛嬌がいい方なので相槌を打ちながらゲームをしていると、おばはんは

俺に、金を少しの間貸してくれと言う。もうすぐ旦那が来るのでその時返すと。

俺は、絶対うそやと思いタイ語が解らん顔を決め込む。ディーラも気づいたのか

日本人はタイ語は解らないと言ってくれたが、いや、解かっていると言い、何パーセント

の利子を付けるとか言って来る。それはもう、うっとおしい。俺は要らないと

言うと、黙っているがズーっト隣に座り見ている。

サムが居れいいんやけどもう帰っていない。するとおばはんは俺の耳元でバンカー。

プレイヤーと予想を言ってくる。クラウンのお釜と同じや。当たったら

チップをくれと言う。2分の1やからおばはんの言ったとこに賭けてしまうは。

だんだん腹が立ってきてディーラーに何とかしろと言うと、スタッフを呼ぶ合図を

する。するとおばはんは大急ぎでカジノから出て行った。ディーラーにもっと早くしろ

と言うと笑ってやがるwwwww

 

ホテルに戻り金の計算をすると、ちょっとは取り返している。

シャワーを浴び時間を見てみると

まだ、こんな時間か、、、、、、、、、、。