書かずにはいられない、のだろう。

市川海老蔵、ブログ“更新しすぎ”批判の声に「許してください」