続台湾旅行7日目試運転する烏來のトロッコ列車帰宅へ

続台湾旅行7日目烏來瀑布からの続きです。

今回で、台湾旅行に関するブログは終わりです。

動画も沢山撮ったのでBlogUpしたいのですが、何故か編集すると画面が大きく乱れるのでやめました。

酋長文創園區を後にして、ホテルのある烏來老街までの約25キロを景色を楽しみながら歩くことにしました。

細い綺麗な滝。滝の名称は分かりません。

そして烏來瀑布。

烏來瀑布の少し先から滝の上までのロープウェイが出ていて、滝の上には遊園地雲仙楽園があり、タイヤル族の民芸品や食事をするところがあるそうですが、今回は時間の都合もあり行きませんでした。

再び瀑布を眺めていると、その上をロープウェイが上がって行きました。

瀑布の所にいた可愛らしいネコです。

台車瀑布站台車滝駅の所まで来ました。

駅舎には、周辺の略図や、トロッコ列車の歴史を語る写真が掲示されていました。

トロッコ列車が、次と走って来たので、しばらく止まって見ていました。

安全柵には、6月19日から6月25日まで試運転するので軌道内への侵入を禁止する旨の張り紙がありました。

試運転の状況をチェックされている方にお聞きすると、今年の9月からトロッコ列車の運行を再開するとのことです。

それで、9月までは間が空くのに、今何故試運転か聞くと、台風シーズンがやって来るからだとのことでした。

でしたら、その後、試運転をしたら良いのにと思いましたが、何しろ日本語が全く通じないやり取りですので、聞くのをやめました。

いずれにしても、念を押して聞きましたが、今年9月から再開するとのことでした。乗ってみたいですね。

烏來老街まで歩きながらも、トロッコ列車のことが気になって、写真を沢山撮りました。

道路から川底までは相当落差があり、転落したら助かりそうにありません。

ネットで調べて来た、烏來の山奥にある唯一の露天風呂、上谷清流会館を探しながら歩き、見つけましたが今は閉館となっていました。

会館の入り口にある看板が今にも壊れそうでした。

野生のバナナです。

街まで戻って来ました。

道中下り坂ですし、あっという間のウォーキングでした。

昼食をとった、老街の店です。

こうしてみると、いつも同じようなものを食べていたのですね。

最初に行こうと思っていた、有名な泰雅婆婆美食店ですが、直ぐ隣には改装中の烏來泰雅民族博物館があって、シンナーの臭いがあまりにも強すぎて食事をする気になれませんでしたのでパスしました。

リックサックを預けていた、宿泊した明月温泉会館に戻り、温泉に入らさせていただき汗を流しました。

汗を流してサッパリした後、明月温泉会館を後にして烏來老街の入口の烏來橋を渡り、

烏來のバス停まで行きました。

そして台北に出るため路線バスに乗り、地下鉄の新店に向いました。

予定では、地下鉄の新店でバスから降りて地下鉄に乗り換えるように計画していましたが、時間的に余裕があったので、急遽予定を変更し、地上の景色を楽しみながらそのままバスで台北まで行くことにしました。

新店のバス停のところです。

台北に入っても、道路の混雑もなくスムーズに行くことが出来、台北駅近くのバス停に無事到着しました。

臺鉄の台北駅です。

そこからは、地下鉄の空港線に乗って、桃園国際空港に向かいました。

桃園国際空港です。

楽しかった台湾での1週間。

今回の旅は、変化に富んだ記憶に残りそうな旅でした。

台湾は、豊年祭も観たいですし、トロッコ列車にも乗りたいですし、心残りの烏來の民族踊りも観たいですし、それに未だ行っていない所も沢山ありますから、機会を作ってまた行ってみたいと思っています。

長期に亘り、台湾旅行のBlogをご覧いただきありがとうございました。

これで終わります。