ロンドン音楽三昧

ジーンケリー主演の<パリのアメリカ人>は青春時代の

感動と興奮のミュージカル映画だった。

あれから60年後、ナマで観たいという長年の夢

がやっと実現した。

きびきびした踊りに、スピーディーなステージ展開、

2時間のステージは観客を楽しませ、興奮のるつぼに!

ロンドンでミュージカルがヒットするとハリウッドで

映画化され、さらにブロードウェイで上演されてきた

という歴史をロンドンで実感する。

ロンドン子はミュージカルが好きだ。

パリのアメリカ人は3月から上演され、まだロングラン

が続いている。

ウイークデーにも関わらず超満員だった。

あちこちの教会でランチタイムコンサートが

催かれている。

オーケストラ、オルガン、ハープソロなど、

3日間の滞在ではとても足らないぐらいロンドン

は音楽に満ち溢れている街だった。

中古レコード店を調べていったのに残念ながら

立ち寄る時間がなくなった。

広告を非表示にする