かつては「改革派官僚」でした

かつては「渡辺喜美の腰ぎんちゃく」として「改革派官僚」をやっていたので、古賀茂明の解説は「ブーメランの投げ方」の見本を見ているようなもの。

国会戦略特区諮問会議WGの議事要旨を読んでいると、諮問委員の発想は「新自由主義そのもの」ですが、それって「ヨッシー&古賀コンビ」と同じなんだよね・・・

「国家戦略特区ワーキンググループ ヒアリング(議事要旨)」

(開催要領)

1 日時 平成28年9月16日(金)14:12〜14:34

2 場所 永田町合同庁舎7階特別会議室

3 出席

<WG委員>

座長 八田 達夫 アジア成長研究所所長

大阪大学社会経済研究所招聘教授

委員 原 英史 株式会社政策工房代表取締役社長

委員 本間 正義 東京大学大学院農学生命科学研究科教授

委員 八代 尚宏 昭和女子大学グローバルビジネス学部特命教授

<関係省庁>

浅野 敦行 文部科学省高等教育局専門教育課長

辻 直人 文部科学省高等教育局専門教育課長補佐

磯貝 保 農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課長

大石 明子 農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課長補佐

<事務局>

藤原 豊 内閣府地方創生推進事務局審議官

(議事次第)

1 開会

2 議事 獣医学部の新設

3 閉会

(略)

○八田座長

こういう新しい分野の研究に特色を持った大学は学生数や研究費を増やしていけるようにし、その一方で、従来型のもうあまり需要がない科目を教えている大学では学生数や定員数も研究費も減らしていくのが順当な話だと思います。

どんな新しい分野も既得権を持った大学の中だけで、やっていきましょうということはあり得ない。

新しい工夫をしたところが伸び、旧態依然のところが退出していくのが基本だと思います。

獣医師が新たに必要な分野における研究者の需要を計測すべきだと思います。

外国だって恐らく伸びているでしょうから、日本だってこういうニーズは増えているのを計測可能でしょう。

新しい分野の研究者を既存の大学の人だけにやらせるのではなくて、専門的な教育を受けた人を増やす必要があります。

しかも2015年に、この問題を年度内に検討を行うはずだったわけですから、需要があるないということに関する結論が遅きに失しているのではないかと思うのです。

今回、また特区諮問会議でもここが新たな課題として出された以上、本当にこれは早急に御検討をお願いしたいと思います。

○浅野課長

御指摘いただいたように、もう繰り返しになりますので申し上げませんけれども、我々としては先ほど本間先生からも御指摘いただいたように、既存の獣医師でない構想、獣医師養成でない構想が具体化し、かつライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき分野における具体的な需要が明らかになって、既存の大学・学部では対応困難だということであれば、そういったこともしっかり検討していくというつもりでございます。

○八田座長

そうであるかどうかという判定というのはもう今、進めていらっしゃるのですか。

それとももう少し提案者等からのヒアリングが必要だということですか。

○浅野課長

恐らくこれは文科省だけでは決められないと思いますので、きちっとしかるべく多分政府全体として、需要と供給の問題も全く関係ないわけではありませんので。

○八田座長

それは関係ないでしょう。

文科省は研究が必要かどうか、その観点からやるから文科省に権限があるので、実際の人たちの損得を斟酌するなどということはあり得ないでしょう。

文科省は研究の必要性、ちゃんと需要が十分ある研究者を養成するということが必要なら、それは当然やるべきではないですか。

ほかのところを見る必要などは何もないでしょう。

○浅野課長

ただ、獣医学部を出た卒業生は、獣医師国家試験の受験資格が与えられますので、当然そこの需給の問題というのはかかわってくる。

○八田座長

それは先ほど本間先生がおっしゃったように、その能力があるかどうかを検査すべきで、そこで仮に数が多過ぎて競争によってだめな獣医師が退出して、優秀な獣医師に置きかえられるのは大いに歓迎するべきことです。

実際問題として、今、例えば日本はバイオに関する研究者はすごく不足しています。

医者が制限しているため不足しているので、結局、理学部の出身の人がバイオ研究を支えているわけですけれども、獣医からも来てほしいわけです。

日本のバイオの研究の根底がそういう、医学部や獣医学部の既得権を持った人による供給制限で押さえられているわけです。

文科省はそんなところを見るべきでない。やはり日本の研究水準を上げることを第一に考られるべきではないでしょうか。

○本間委員

私も全く同じこと。繰り返しになりますけれども、要するに獣医師が増えるか増えないかということは文部省のマターではないということです。

いみじくもライフサイエンスという言葉を使っているわけですから、これは医学、獣医学、理学、薬学等がまさに一体となって、これまでのような縦割りあるいは枠ごとのサイエンスで中でやっていくというのではなくて、相互にコラボレートする必要があるので、その中で獣医学を考えていかないと、今後の日本の獣医学そのものが相当に遅れてしまうという懸念も持っています。

ぜひそこは枠を超えた形で、定員管理の話は別の話として、ないしは考慮に置かずに日本の研究レベルを上げるという観点からぜひ御検討いただきたいと思います。

○八田座長

それから、研究レベルを検討するときに、国内の囲まれた学者の意見だけ聞くのではなくて、国際的な評価を御覧になるべきだと思います。

それも重要で、特にこの新しい獣人共通のような分野で本当に日本の研究が進んでいるのかどうかということは御覧になるべきで、向こうの議論、既得権を持った人に対する議論を突破するためには、そういう国際的な見地あるいは知見をお使いになるということは重要ではないかと思います。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/shouchou/160916_gijiyoushi_2.pdf

みんなの党埼玉県支部設立大会」

http://www.akedo.info/pdf/yourparty_saitama.pdf

■古賀茂明 加計学園選定に「一点の曇りもない」という民間有識者のしたたかさ

(AERA dot. - 07月17日 07:02)