北新地 寿司おおはた

土曜日 夫さんのお勉強会で大阪に行ったので新地に行きました。

食べログアワード2017、人気のお寿司屋さんの予約がとれました。

ANAクラウンプラザ近くのビルにあるおおはた。

2500万掛けて改装したばかりとか 綺麗なお店でした。

研究熱心と噂の大将。

なにせ寿司飯は白赤ロゼの三種類。煮ツメも3〜4種類を標準装備されておられるとか。

期待が高まりますね。

ビールは小瓶のみで エビスとラガー、でエビス。

かんぱ〜い!

まずはおつまみから。岩モズクと石カギ貝。見た目青柳味トリガイなんだそうです。

明石タコ、千葉蒸しアワビ。タコは明石に限ります。

7席のカウンターはあっと言う間に満席に。

ここで驚異の美味しさのおつまみが。

明石鯛アラ汁酒蒸し。

このアラの骨を全部抜いてあります。

ものすごい手間でしょうに。そのせいあってか大変美味しかった〜。

煮ウナギ。コクがあっておいしい。つけあわせのわさびが大変辛くておいしい。

下には焼きナス。

さて自慢の握りがスタートしました。

白甘鯛昆布締め。シャリに木の芽が切り込んであります。これは新発見。

が!シャリが堅い!アルデンテと言うか めっこめし(北海道弁か?!)と言うか。

ネタはお口でとろける美味しさなのだが シャリをいつまでも咀嚼しないとならない。

カスゴ。良い締め加減でした。

漬け。ボストンのマグロだとか。

キス昆布締め。酢飯は赤酢。実によろしい。緑色は木の芽。柚子の香りがつけてありました。

トロ。

コハダ。良い締め加減。美しい切っつけですね。それにしてもシャリは堅い。もぐもぐもぐ。

ノドグロ。炙ってなかったと思います。

この脂の多い魚を炙らないで食べさせるのはなかなかの仕事です。

アジ。今頃が一番美味しいらしい。

夫さんが珍しく 日本酒をオーダーしました。春鹿、超辛口中取り。

白イカ。

本日の白眉、ボタンエビ昆布締め。大阪ではなかなか生の海老は食べられません。

北海道のバフン、ワサビがとにかく美味しい。でもシャリは堅い もぐもぐもぐ。

エビの頭汁、大変美味しかったです。

対馬のアナゴ ふっくらです。これにも木の芽が。アナゴはふっくらだがシャリは堅い もぐもぐもぐ。

玉子で〆ました。

デザートのスイカ。

確かに美味しいお店なんです。でも なんなんでしょうねぇ なんか疲れるお店なんです。

寛げないというか。

しつこく書きましたが シャリが堅い、せっかくのネタを殺してしまうくらい堅い。

やっぱりネタもシャリも口の中でふわっと、、が私の理想なんですよねぇ。

翌朝 胃の調子が悪くなっちゃいました。

美味しいんだけど 再訪はないですね。